凹みボード


凹みボード


この言葉で「あれや!」と直ぐにわかる人は少ないでしょう?

写真用語です。

レンズを引っ張り出して、眺めてます。
思い出すことがいろいろ・・・

若い頃は、目が良いのは当たり前。
我が師匠は当時「老眼」と戦っておられました。

アシスタントの頃に使ってた師匠のレンズです。
広角レンズです。

「凹みボード」 に付いてます。

161116-lens6.jpg

わかる人にはわかる・・・レンズです。





師匠の加工されたレンズです。

161116-lens7.jpg

161116-lens8.jpg


何故手作りの・・・数字が書かれた紙が貼ってあるのか?
当時、私は不思議でした。

ここが、凹みボードの辛いところ。
凹んでるから故の・・・

くぼんだ位置に撮影で大事な数字が書かれてる。
それが、凹んでて暗いと見えにくい。
(使った人にしかわからない歯がゆさ)

超広角になるほど、凹みが深いのです。
セットする時に、指も入りにくいのもあります。

161118-lens2.jpg


写真は、この見えにくいところにある数字の組み合わせで出来が決まります。(?)

161118-lens1.jpg



フリーになった時に、このレンズをいただいたのですが、この加工の紙は今でも貼ったままです。
ありがたいことに、凹んだ中にある数字は今でも見えます。
そのうち、この紙が必要になるとは思ってましたが・・・・このレンズ自体が不要になりかけてます?



<ネット上で見つけた記事に同感>

絞りレバーやレリーズの穴は、ただでさえボードに接近していて、操作しにくい位置にある。
凹みボードを使うと更に奥まって指が入りにくく、とどかない。
カメラのセッティングが高いと指が届かない上にシャッターや絞りの値が読み取れない。
そんな場合はレバーの延長を加工する。(加工業者に依頼)
加工するほどでなくても、シャッターレリーズには曲がりアダプターをつけておくと
いざと言う時威力をを発揮してくれる。
また、絞りのメモリを大きく書いておくのも手である。
クリックの無いレンズは結構多いものだ。


今は、こんな苦労は無いようです。
カメラとの戦いは終わったようです・・・・ね。

また続く。



お願い

画像のコピーや無断使用はしないで下さい。
著作権は STUDIO BUG 並びに T's KITCHEN にあります。

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

profile

Author:tani6bug
studio_bug

T's KITCHEN へようこそ

料理大好きのフォトグラファーです。
写真も料理もおいしく楽しく!
美味しい料理、うれしい写真。
飲んで、喰って、撮って。
料理をするように写真を撮りたい。
良い素材で、段取りよく、
おいしく、きれいに。

写真は職人、料理は素人。
T's KITCHENへようこそ。

ブログ内の写真が気になったら
ご連絡下さい。

料理以外の写真も見てください。

撮影のご依頼、お受けします。
料理は・・・・・?

リンクは大歓迎ですが、
画像のコピーや無断使用はしないで下さい。
著作権は STUDIO BUG 並びに
T's KITCHEN にあります。

t_photoschool

カテゴリ
Translation
Welcome to T’s KITCHEN!! This is a “Photoblog” authorised by Studio Bug. Do not hesitate, and please contact Studio Bug if you are interested in the photos on T’s KITCHEN. Studio Bug : http://www.studio-bug.com/ Studio Bug is always happy to accept any request for photography. (We could also tell you a secret recipe or cook it for you at our studio, possibly...)
時計
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR