peony

続けます。



牡丹色
二十四節気 穀雨 牡丹華

peony という英語の色名

160416-mon26.jpg

牡丹色(ぼたんいろ)はピンク色の一種で、牡丹の花弁の色。紫紅色をさすこともある。

昨年、撮影をするまでは・・・
こんな色のイメージでした。

160416-mon35.jpg

160416-mon16.jpg

160416-mon38.jpg


本堂から出て、境内に置かれた牡丹色の花達を撮りました。

160416-mon36.jpg

室内で見る色とは違います。
イメージも変わる。
太陽光は本来の色を見せてくれますが・・・



<二十四節気 穀雨 牡丹華>
資料抜粋

牡丹華と書いて、ぼたんはなさくと読みます。
牡丹が大きな花を咲かせる時季をいいます。
中国では花の王と呼ばれ、華やかさの象徴とされ、
「富貴草」「富貴花」「百花王」「花王」「花神」「花中の王」
「百花の王」「天香国色」「深見草」「二十日草(廿日草)」「忘れ草」「鎧草」
「ぼうたん」「ぼうたんぐさ」など、たくさんの呼び名を持ってます。

子規の句に、

芍薬を画く牡丹に似も似ずも

晩年の子規は、水彩で絵を描くことが、病床の慰みとなりました。
牡丹と芍薬の描き分けがむずかしくて、それが子規には愉しかったのです。

「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」といわれます。
完全無欠の女性美を謳った言葉です・・・

芍薬が、すらっと伸びた茎の先に美しい花を咲かせ、すっと枝分かれすることなく立っているからです。
牡丹は枝分かれするので横張りの樹形になり、将に座っているように見えます。
牡丹は、座って観賞したほうがきれいに見えると言われます。





続けます・・・・まだしばらく「観牡丹」




お願い

画像のコピーや無断使用はしないで下さい。
著作権は STUDIO BUG 並びに T's KITCHEN にあります。


テーマ : 花・植物
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

profile

Author:tani6bug
studio_bug

T's KITCHEN へようこそ

料理大好きのフォトグラファーです。
写真も料理もおいしく楽しく!
美味しい料理、うれしい写真。
飲んで、喰って、撮って。
料理をするように写真を撮りたい。
良い素材で、段取りよく、
おいしく、きれいに。

写真は職人、料理は素人。
T's KITCHENへようこそ。

ブログ内の写真が気になったら
ご連絡下さい。

料理以外の写真も見てください。

撮影のご依頼、お受けします。
料理は・・・・・?

リンクは大歓迎ですが、
画像のコピーや無断使用はしないで下さい。
著作権は STUDIO BUG 並びに
T's KITCHEN にあります。

t_photoschool

カテゴリ
Translation
Welcome to T’s KITCHEN!! This is a “Photoblog” authorised by Studio Bug. Do not hesitate, and please contact Studio Bug if you are interested in the photos on T’s KITCHEN. Studio Bug : http://www.studio-bug.com/ Studio Bug is always happy to accept any request for photography. (We could also tell you a secret recipe or cook it for you at our studio, possibly...)
時計
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR