秋刀魚を見ると思い出す 2

続きです。


サンマ
さんま
秋刀魚

漢字は面白いですよね。

秋の刀

まさにそんな形の魚です。

150821-sanm3.jpg

シルエットは柳刃にそっくり。




包丁と言えば・・・・
またもや、昔の写真を掘り出してます。

150821-sanm4.jpg


次回に新秋刀魚を買ったら・・・
刺身にしようと思います。


150821-sanm2.jpg


 さんま苦いか塩っぱいか




<さんま>
資料より
和名「さんま」の由来については、2つの有力な説がある。
「さ(狭、意:狭い、細い)」に起源があるとして「細長い魚」を意する古称「狭真魚」が
「サマ」 - 「サンマ」と変化したとする説が一つ、
大群をなして泳ぐ習性を持つことから「大きな群れ」を意する「沢」と「魚」を意する
「マ」からなる「サワンマ」が語源となったという説が一つである。

「さんま」は古くは佐伊羅魚」「狭真魚」「青串魚」などと読み書きされていた。
明治の文豪・夏目漱石は、1906年発表の『吾輩は猫である』の中で「さんま」を「三馬」と記している。
「秋刀魚」という漢字表記の登場は遅く、大正時代から使われた様。
現代では使用されるほとんど唯一の漢字表記となっている「秋刀魚」の由来は、
秋に旬を迎えよく獲れることと、細い柳葉形で銀色に輝くその魚体が刀を連想させることにあり、
「秋に獲れる刀のような形をした魚」との含意があると考えられており、
1922年の佐藤春夫の詩『秋刀魚の歌』で、
広くこの漢字が知れわたるようになった。





お願い

画像のコピーや無断使用はしないで下さい。
著作権は STUDIO BUG 並びに T's KITCHEN にあります。




テーマ : 食べ物の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

秋の魚

サンマのピカピカした姿を見ると、「ザ・秋」と言いたくなります。

漢字って面白いですねえ。
同じ食べ物でも違うものに見えてきます。ひらがな、カタカナでも同様かな。
サンマにしてもそんな歴史があったとは!
漱石先生の「三馬」は、魚じゃないだろってツッコミ入れたくなりますが(^^;)
profile

Author:tani6bug
studio_bug

T's KITCHEN へようこそ

料理大好きのフォトグラファーです。
写真も料理もおいしく楽しく!
美味しい料理、うれしい写真。
飲んで、喰って、撮って。
料理をするように写真を撮りたい。
良い素材で、段取りよく、
おいしく、きれいに。

写真は職人、料理は素人。
T's KITCHENへようこそ。

ブログ内の写真が気になったら
ご連絡下さい。

料理以外の写真も見てください。

撮影のご依頼、お受けします。
料理は・・・・・?

リンクは大歓迎ですが、
画像のコピーや無断使用はしないで下さい。
著作権は STUDIO BUG 並びに
T's KITCHEN にあります。

t_photoschool

カテゴリ
Translation
Welcome to T’s KITCHEN!! This is a “Photoblog” authorised by Studio Bug. Do not hesitate, and please contact Studio Bug if you are interested in the photos on T’s KITCHEN. Studio Bug : http://www.studio-bug.com/ Studio Bug is always happy to accept any request for photography. (We could also tell you a secret recipe or cook it for you at our studio, possibly...)
時計
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR